はる(8)

晩冬の夜明け近くの群青の空のどこかで烏が鳴けり

薄桃の桜並木の陰ぬけて春の日差しを再び浴びぬ

ツバメからツバメに繋ぐ大空の曲線やまず動き続ける