はる(2)

空をゆく雲のクジラが太陽を一呑みにして街は翳れり

幾百の白き光に包まれて、午後の日差しに溶けゆく桜

県道の脇のスミレは風に揺れ車に煽られまだ今日も居る