なつ(5)

盛りあがる入道雲の瘤の上の空の青さは変わらざりけり

鮮やかな百日紅の花 目印に見知らぬ路地に迷いこみたり

水無月の満月照らす農道を影一人連れ気ままに歩く